A-Listers

140字に収まらない海外テックネタヘッドライン

Posts Tagged ‘JavaScript

正しいJavaScriptの変数名の話をしよう

leave a comment »

var π = Math.PI; が文法的に正しいJavaScriptだと知っていますか?」という書き出しで始まるJavaScriptの変数名についてのエントリが話題になっていました。エントリーを書いたのはベルギーのフリーランスWEB開発者のMathias Bynensさんです。彼はUnicodeのどんなグリフが識別子として利用できるのかECMAScriptの仕様を見てみることにしたそうです。

ECMAScript 5.1によれば:
識別子は予約語ではない識別できる名前

となっており、直接記号やグリフについての制約には言及していません。元記事ではさらに予約語や識別子に使用できる文字の例外などについて解説した後に、下記のようなコードが有効なJavaScriptの変数名であるとして紹介しています。

// How convenient!
var π = Math.PI;

// Sometimes, you just have to use the Bad Parts of JavaScript:
var ಠ_ಠ = eval;

// Code, Y U NO WORK?!
var ლ_ಠ益ಠ_ლ = 42;

// How about a JavaScript library for functional programming?
var λ = function() {};

// Obfuscate boring variable names for great justice
var \u006c\u006f\u006c\u0077\u0061\u0074 = 'heh';

// …or just make up random ones
var Ꙭൽↈⴱ = 'huh';

// While perfectly valid, this doesn’t work in most browsers:
var foo\u200cbar = 42;

// This is *not* a bitwise left shift (`<<`):
var 〱〱 = 2;
// This is, though:
〱〱 << 〱〱; // 8

// Give yourself a discount:
var price_9̶9̶_89 = 'cheap';

// Fun with Roman numerals
var Ⅳ = 4,
    Ⅴ = 5;
Ⅳ + Ⅴ; // 9

最後にもう一個あったのですが、うまくペーストできなかったので割愛しています。ブラウザ固有の不具合などで動かない場合もあるようです。これらの知見を元に作成されたと思われる変数名チェッカーもあるので触って試すこともできます。
このような先鋭的な変数名を使う機会は無いかと思いますが、デバッグなどには役に立つ知識ではありそうです。

via:Valid JavaScript variable names · Mathias Bynens

Written by yandod

2012/02/24 at 11:07

カテゴリー: Uncategorized

Tagged with ,

2011年の定番オープンソースソフトウェアリスト(開発編)

leave a comment »

日常の開発に欠かす事の出来ないソフトウェアといったら何が思いかびますか?数多くのソフトウェアの中から昨今のトレンドを元にInfoWorldがセレクトした2011年のオープンソフトウェアランキングが発表されていました。10本のソフトウェアに選ばれたのは下記のソフトウェアです。

  • CakePHP
    Ruby on Railsの影響を受けたPHP用のフレームワーク。習得の容易さとコミュニティの活発さで人気。
  • CoffeeScript
    インターフェースやサーバーサイドに欠かす事のできないJavaScriptをより記述しやすくする中間言語
  • git
    バージョン管理の標準になりつつある分散型SCM
  • hadoop
    大規模分散処理を実現するフレームワーク
  • Hudson / Jenkins
    継続的ビルド(Continuous Integration)を行う為のサーバーソフトウェア
  • jQuery mobile / Sencha Touch
    スマートフォン向けのUIを実装する為のフレームワーク
  • MongoDB
    NoSQLデータベースの中でも抜きん出ているスキーマレスデータベース。
  • Node.js
    サーバーサイドまでもJavaScriptで記述しスレッドを使わない事で効率的なメモリ利用を実現する。
  • Web2py
    デポール大学のMassimo Di Pierro氏が開発した使いやすくパワフルなWEBアプリケーションフレームワーク

どのソフトウェアも大きな知名度を持ち、実際の活用を聞く事が増えて来たようなものではないでしょうか。選定の条件はいまひとつ不透明ではありますが、この中で利用した事がないものがあれば一考の価値はありそうです。なおリンク先にはデスクトップアプリケーションやデータセンターソフトウェアなどのランキングも掲載されており、7ZipやEucalyptusなどが選定されています。

via:http://www.infoworld.com/d/open-source-software/bossie-awards-2011-the-best-open-source-application-development-software-171759-0

Written by yandod

2011/09/09 at 10:48

iOSにものすごくそっくりなJQuery Mobileのテーマ

with one comment

最近話題になることの多い、JQuery Mobileを使ってiOSにそっくりな外観のテーマが作成されたようです。そのそっくり具合はデモを見れば一目瞭然です。ネイティブアプリケーションに限りなく近いUIを独自に再現する際には使えるかもしれません。
また簡単なモックアップをPCベースで作るというような応用もできそうですね。

作者のTait BrownさんはメルボルンのUIデザイナーでコードとサイトはgithubで公開されています。

via:http://taitems.tumblr.com/post/7240874402/ios-inspired-jquery-mobile-theme-jquery-mobile

Written by yandod

2011/07/06 at 20:00

カテゴリー: Uncategorized

Tagged with

ブラウザで実行できる3DCGのデモ

leave a comment »

サーバーサイドからスマートフォンまでなんでもできてしまうJavaScriptですが、WebGLを使ったすごいデモが話題のようです。画像ではつたわりにくいですがマウス操作にあわせてぐりぐりと動きます。凄いですね。

via:http://mrdoob.github.com/three.js/examples/webgl_materials_cubemap_balls_reflection.html

Written by yandod

2011/07/01 at 20:00

カテゴリー: Uncategorized

Tagged with ,

2万5千行のpull requestが話題

with one comment

プログラマにとって欠かせないコミュニティになったgithubで話題になっているpull requestがありました。話題になっているのは正しい仕事の為の正しいツールという触れ込みのJavaScriptフレームワーク集「EveryJS」のリポジトリでそこに送られて来たプルリクエストの差分の量が驚きの426行追加、24623行削除。不必要にJavaScriptを使って表示を行っている部分をhtmlに変える事で動作の速度を向上させる狙いのようです。

またこのEveryJS.comの日本語の情報が無かったので掲載されているライブラリの全32個のリストも紹介しておきます。このリストもなかなか有用そうですしEveryJS.comをブックマークしてみようと思います。

  • Backbone.js イベントとKVSを結ぶ構造を提供
  • Benchmark.js 高解像度タイマ対応のベンチマーク
  • Cappuccino デスクトップライクなアプリ用のライブラリ
  • Closure Tools GoogleがGmailやGoogle Mapなどで使用しているライブラリ
  • Dojo Toolkit クロスプラットフォームAJAXライブラリ
  • Ender マイクロAPIライブラリ
  • environ 動作環境検出ライブラリ
  • functools 関数操作のミニマルライブラリ
  • Grafico 図表ライブラリ
  • Handlebars セマンティックテンプレートエンジン
  • JavaScriptMVC JQueryによるMVC
  • jQuery 定番ライブラリ
  • jQuery UI イベントとインターフェースを提供
  • Knockout データモデルに応じたリッチなエディタなどのインタフェースを実現するライブラリ
  • LABjs ダイナミックなローダーライブラリ
  • Milk CoffeeScriptで書いたテンプレートエンジン
  • MochiKit JavaScriptを改善する
  • Modernizr HTML5とCSS3を非対応ブラウザで扱う
  • MooTools コンパクトなフレームワーク
  • Morpheus トゥイーンを提供
  • oCanvas オブジェクト型キャンバスツール
  • OpenLayers マップをブラウザで扱うためのライブラリ
  • qooxdoo ユニバーサルなプラットフォームの為のフレームワーク
  • Raphael ベクターグラフィックの為のライブラリ
  • scaleApp スケーラブルな1ページアプリケーションフレームワーク
  • Spine 軽量MVCフレームワーク
  • SproutCore ビューを自動で更新するMVCフレームワーク
  • Uki シンプルなインターフェースツールキット
  • Underscore 関数プログラミングライブラリ
  • xui モバイルHTML5対応超マイクロDOMライブラリ
  • YUI 3 ヤフーのJS&CSSライブラリ
  • Zepto モバイルWEBKit向けのJQuery互換ライブラリ

JavaScript向けのライブラリやフレームワークがこんなに大量にあるとは。。。。正直知らない物だらけでした。気になるものがあればデモなどをご覧になってみてください。

via:https://github.com/tomdale/everyjs.com/pull/26

Written by yandod

2011/06/01 at 08:05

カテゴリー: Uncategorized

Tagged with ,

テック系カンファレンスで良いWiFi環境を作る方法

with 2 comments

テクノロジー系のカンファレンスに参加するとWiFiのネットワーク名とパスワードをアナウンスするという光景は最近はどこの世界でも見かける光景です。グーグルのJavaScriptハッカー、Malte UblさんがJSConfでのネットワーク環境を快適にする為に注意した点をまとめたエントリが話題になっていました。

  • 0.基本 WiFi環境を担当する人を決める。
  • 1.何も信用しない 会場を予約して「WiFiは大丈夫」と言われても嘘だと思って詳細を確認する。
  • 2.参加者の数とデバイスの数 1人あたり2.3のデバイスとして計算する。(iPad以降の数字)
  • 3.知らない会場 臨時の設備 事前のテストが難しくなるが、それでもできる範囲でテストすべき。
  • 4.帯域 参加者独りあたり上り下りともに100kビットとして計算する。
  • 5.チャンネル毎の帯域 1チャンネル毎に有効な帯域は20Mビット、WiFiは11チャンネル。つまり220MBの壁を越える事は出来ない。
  • 6.人 bittorrentなどで帯域を大量に消費する人が居た場合はIPをブロックする必要もある
  • 7.JSConfでの教訓 100人程度のカンファレンスでも数人、問題になる参加者が居るので対処が必要

このセッションの発表資料がこちらにあります。イベントを運営する際にWiFiの提供は悩みの種の1つです。JSConfはかなりの規模のカンファレンスですが、その裏では地道な苦労があったのですね。みなさんもイベントに参加する際は帯域を大量に使うソフトウェアを終了する事を忘れないようにすると運営者の方の苦労が小さくなるかもしれません。

via:http://www.nonblocking.io/2011/05/how-to-make-wifi-work-at-tech.html

Written by yandod

2011/05/18 at 20:00

カテゴリー: Uncategorized

Tagged with ,

美しすぎるギークと行くHulu.comのオフィス

with one comment

テレビ番組や映画などを様々なデバイス向けに配信するHulu.comというサービスがあります。アメリカ国内のネットワークからでないと利用できないのでなじみが薄いサービスですが、さまざまなセットトップボックスなどにも対応しかなりの規模のサービスになっています。この会社のオフィスの様子が求人サイトDice.com提供の動画番組、「Best Job Ever」で取材されていたものが面白かったので紹介します。


ロサンゼルスにあるオフィスを取材するリポーターは美しすぎるギーク、ベロニカです。


個室形式のオフィスではないですが机も広めでモニタが3台支給されていますね。サービスの規模の割にはチームの規模は小さく、デザイナー、エンジニア、マネージャーが一体となって開発にあたっているとのこと。


さまざまなデバイスに向けてサービスを展開しているHuluですが、コアと呼ばれる共通部分がありJavaScriptで記述されているとのこと。その上で各端末向けの部分を様々な言語で開発し、希望があれば他の言語での経験なども詰めるのが求職者向けのアピールポイントだそうです。


面接の際にはコーディングにかける情熱を見せて欲しいとのこと。求人広告を見るのは楽しいですが動画で見せてくれるのはイメージが掴みやすいのでいい方法ですね。5分ほどの短い動画なので雰囲気が気になった方は動画もご覧になってみてください。

via:http://www.youtube.com/watch?v=YvvT-YPM2ro

Written by yandod

2011/05/11 at 00:01

カテゴリー: Uncategorized

Tagged with , ,

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。