A-Listers

140字に収まらない海外テックネタヘッドライン

美しすぎるギーク、ベロニカのプロフィール

with one comment

IMG_0845

おかげさまで読者の皆さんにも人気の美しすぎるギーク、ベロニカ。ネタに困っている際でもベロニカの記事ならすらすらと書けてしまうというマジックもあり、頻繁にみなさんにご紹介しています。さて今回は優秀なベロニカファンの諸兄なら既にご存知かもしれませんが、ベロニカの来歴についてまとめて見たいと思います。
主な出典としてはこのインタビューWikipediaの記述を元にしています。

デビューまで

I don't want to share the cake.
1982年7月21日生まれ。母はゲーム機コレコ・ビジョンを発売したコレコ社の副社長でベロニカは幼少期から発売前のゲームやおもちゃに触れる機会などに恵まれる。本人によればベロニカは学校では普通の生徒でみんなと仲良くする事にがんばっていたとの事。その後、大学ではニューメディアを学ぶ。

CNET時代

インターンの音響スタッフとして入社後、6ヶ月後にフルタイムになる。あくまで音響スタッフだった彼女の役割はやがて拡大しやがてポッドキャストのレギュラーになる。この時点でも複数の番組に出演するなど売れっ子だった。

Mahalo時代

CNETを去ったベロニカはMahalo Dailyのホストに就任する。(以前の記事)ここでは番組自体のプロデュースとホスト役を精力的にこなす。Mahaloでのホストを勤めたのは2007年7月から2008年の4月まで。ベロニカがMahaloを去る際にはいくつかのメディアがそのニュースを報じた

現在 – Tekzilla,QORE

Return of Bearonica
2011年、現在ベロニカは2つのポッドキャストに出演している。1つはDiggの創業者によって設立されたインターネットテレビ局、Revision3内のTekzilla。この番組はさまざまなツールやサイトなどのTIPSの紹介やゲストを招いてのトークというベロニカの最も得意なスタイルで展開されている番組。またもう1つのQOREはソニーがプレイステーション3上で有料で配信するゲーム情報番組で、ゲームの開発スタジオなどにベロニカが取材に行くという内容。ベロニカ自身も毎日2時間はゲームをプレイするゲーマーぶりで、取材先での生き生きとした様子が伺える。この番組の取材ではベロニカは日本を2回訪れている。(ゲームリパブリック社とバンダイナムコゲームス社の取材)その他、さまざまな番組へのゲスト出演も行っている。

ベロニカのプロモーションビデオ

(各時代の映像やスタンリーとのインタビュー、サーフィン映像など見所盛りだくさんです)

個人的にベロニカを追いかけ始めたのはTekzillaに出始めて頃からなのですが、彼女は本当に露出が多いです。空いた時間にポッドキャストを聞いていますが、果たしていつになったら全ての出演動画をカバーできるのか想像もつかない状況です。さしあたって現在進行形で公開されているTekzillaを追いかけるのが内容も役に立つ事もありおすすめです。(ベロニカが出演しない回はスキップ推奨)またインタビューのポッドキャストは彼女が好きなものを貫く姿勢が聞けるのでこれもおすすめです。
今後もベロニカの出演番組で面白い内容のものは積極的に紹介していきたいと思います。

via:http://kentangen.com/whatsitlike/11-veronica-belmont/

Written by yandod

2011/06/08 @ 20:00

カテゴリー: Uncategorized

Tagged with ,

コメント / トラックバック1件

Subscribe to comments with RSS.

  1. […] 美しすぎるギーク、ベロニカのプロフィール […]


コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。