A-Listers

140字に収まらない海外テックネタヘッドライン

Archive for 2月 2012

“Shit Girls Say”(××な女子のセリフ)というネタが英語圏で人気

leave a comment »

英語版地獄のミサワとでも言うようなネタ、“Shit Girls Say”が英語圏でブレイク中です。平均的な頭空っぽの女子のモノマネ(caricaturization of an average, airheaded girl)であるこのシリーズは英語ネタであるとはいえ日本人にもなかなかのインパクトがあります。難しい所ではありますがいわゆる英語版スイーツといって差し支えないのではないでしょうか、

“What’s that movie I like?” (私の好きな映画ってどれ?)
“As a friend, I have to tell you something.”(友達として言わなきゃいけないことがあるの)

発祥はカナダ、トロントの漫画家Graydon Sheppard氏とKyle Humphrey 氏が始めたTwitterアカウント、@ShitGirlsSayです。二人でテレビを見ている時に一方が”Can you pass me that blanket?”(毛布を取ってくれないかしら?)と言った際に「女子みたいな事いってんじゃない」と盛り上がった勢いであるあるネタとして着想したようです。現在のフォロワー数は104万で、Wikipediaのブラックアウトなどの時事ネタにもしっかりと反応しています。こういったあるあるセリフネタのTwitterアカウントとしては@ShitMyDadSaysという先行者も存在しています。

その後、ネタを動画にしてyoutubeにアップロードされたものが爆発的にヒットし再生数は1300万を突破しています。動画内に含まれているネタはジェスチャー的なものも増えていますが、セリフネタも引き続き多いです。

序盤に出ているのは意訳すると下記のような感じでしょうか。
“Do you know anything about computers?” (パソコンわかりますぅぅ?)
“What’s wrong on my computer.” (私のパソコン、なんかへんだよぉぉ)
“Could you do me a huge favor?” (ちょっとお願いがあるんですけどぉぉ?)

英語ネタということで英語圏で人気の動画になっているのが統計にも現れています。

またこのネタのパロディとして様々な “Shit XXXX Say”が動画で作成されまくっています。とはいえ欧米のオフィスでの働き方が反映されているので正直、ピンとこないネタも多いです。。。

プロジェクトマネージャーがいいそうな事

(電話に向かって)「誰がオンラインですか?」
「すごくいいんですが、それは契約には含まれていません」
「みんながよければ、それは後にしよう」
「それは、明日まで保留にしておこう」
「それをできる予算は無いんじゃないかな」

redditユーザーがいいそうな事

「マイナス投票したのは誰だよ!」
「それ、redditで見たしw」
「それ、redditで見たしw」
「それ、redditで見たしw」

Webデザイナーがいいそうな事

「そっちのブラウザーではどうなってます?」
「私のマシンでは動いてます」
「チクショー、IE6かよ!」
「プログラマーがデザインを壊したんですね」
「キャッシュは消しましたか?」

ニューヨーカーがいいそうな事

「電車がこねー」
「観光客め!」
「NewYork Magazineで見たよ」
「POST読んでるの?」

猫がいいそうな事

「にゃーん」
「にゃーん」
「にゃーーー!」
「にゃーん!」

Nyan Catや音楽のように見ただけでわかるミームではなく、英語に深く根ざしているものなので日本ではまったく馴染みがないですし、説明するのも難しいので困惑していますが、ひとまずはこういった話題があるという事をお伝えできればと思います。日本ではネットで話題になったトピックに対する動画コンテンツはニコニコ動画などで作られる事が多いと思いますが、欧米ではかなりyoutubeで遊んでいるユーザーが多いなというのも印象的なところですね。
ここから更に発展した○○が××に言いそうな事というところに更に流行は発展しているのですが、今回はこれぐらいにしておきます。

via:http://knowyourmeme.com/memes/shit-girls-say

Written by yandod

2012/02/20 at 15:18

カテゴリー: Uncategorized

Tagged with , ,

GoogleMapsが7周年 驚きの数字

leave a comment »

GoogleMapsが7周年を迎えたそうです。つまり7年前までは住所を元に手探りで新しいレストランやオフィスに行っていたんですね。GoogleMapsの発展を示す数字がRoyal Pingdomの記事になっていました。

  • 2004
    GoogleがGoogle Mapsの元となるデンマーク人の兄弟がC++のプロジェクトを進めているオーストラリアの企業を買収した年
  • 8
    GoogleがGoogle Mapsを公式にアナウンスしたのが2005年2月8日
  • 2010
    クリスマスと新年にモバイルの使用量がデスクトップをはじめて越える
  • 2億
    Google Maps Mobileの2011年5月時点でのユーザー数

モバイルの方がユーザーが多いというのはたしかに納得です。元の記事にはさらに多くの数字が載っていますのでどうぞ。

via:http://royal.pingdom.com/2012/02/08/google-maps-turns-7-years-old-amazing-facts-and-figures/

Written by yandod

2012/02/17 at 13:04

カテゴリー: Uncategorized

Tagged with

githubが子供向けコーディング道場を開催

with 2 comments

“もしあなたが7歳の時にプログラミングを学べたらどれだけ素晴らしい事でしょうか?”
githubが子供向けのプログラミングセミナーを行うCoderDojoという企画に参加するという記事がブログに投稿されていました。まずはHTMLやCSSから始まりつつ、PHPやゲームプログラミングなどに発展していく予定のようです。

CoderDojo公式サイトを見るとバッヂとベルトという認定の仕組みもあるようです。

黄色がBasic、青がJunior、赤がSenior、そして黒がMasterとのこと。バッヂ獲得の要件はJSの黄色バッジだと下記のようなものだそうです。

次のことについて学習し説明する。:変数、データ型、関数、配列
次の技術を使ったWEBサイトを作成する。:alerts document.write

バッヂを集めてセッションに参加すると次はベルトという資格が認定されるとの事。githubのサンフランシスコ会場で開催される第一弾は2月の末に開催されるようですが実際のレポートなどを目にするのが楽しみですね。
またもともとアイルランドのNPOがスタートしているこの企画はすでに各国で行われているようで、ロンドンやアイルランドの各都市で開催されているようです。

via:https://github.com/blog/1034-kids-are-the-future-teach-em-to-code

Written by yandod

2012/02/13 at 11:52

カテゴリー: Uncategorized

Tagged with , ,

インターネットの接続速度No1は韓国、普及率No1はアイスランド

leave a comment »

「DVDを38分でダウンロードできるようになりたいですか?」という書き出しでインターネットの接続速度の統計がpingdomで公開されていました。これによると1位の韓国は16.7Mbpsでぶっちぎりのトップ。香港、日本、オランダ、ラトビアと続きます。なお接続速度の国際平均は2.7Mbpsとのこと。


また記事内では別の観点の資料としてworldbankのサイトに掲載されているインターネットの普及率も紹介しています。これによると100人あたりのインターネットユーザーは95.8でアイスランドがトップ。ノルウェー、ルクセンブルグ、オランダ、スウェーデンと続きます。韓国は82.5%で11位、日本は79.4%で19位です。

ということでアイスランド向けのウェブサービスを作ると普及率がスゴイ事になるのかもしれません。

via:http://royal.pingdom.com/2012/01/31/south-korea-is-still-number-one-has-fastest-internet-speed-worldwide/

Written by yandod

2012/02/03 at 10:15

カテゴリー: Uncategorized

Tagged with ,

iPhoneのホームボタンは難しすぎる?

leave a comment »

How to use the Home Button

Chart by Andrew Durdin

「iPhoneはボタンが1つしかないからシンプルで使いやすい」という風に感じた事はありますか?プログラミング系のブログであるCoding HorrorにてThe One Button Mystique(1ボタンの神秘)と題された記事が公開されていました。Kindle Fireは「少なくとも1つくらいボタンがあるべきだった」といいつつも、1ボタンハードウェアの問題点について提起されています。

上記のチャートはiPhoneのホームボタンの挙動を表したチャートですが、様々な場面ごとにクリック、ダブルクリック、トリプルクリック、クリックアンドホールド、長押し後にクリックの5通りもの操作があることが図になっています。
同じようにボタンとランプが1つだけのマイクをペアリングする時の操作のわかりにくさなどに触れつつ、「アップルはシンプルで明快なデザインをする一方で、時たまやり過ぎる」と評しています。※例として最初のMacにはカーソルキーがなかった事が挙げられています。

コメント欄では、「いやいや、iPhoneにはボタンは5個(音量など)あるでしょ」とか「クリック、ダブルクリック、トリプルクリック、クリックアンドホールドってモールス信号みたいだ」などのツッコミがあって盛り上がっています。

ボタンが1個のiphone、本当に使いやすいと思いますか?

via: http://www.codinghorror.com/blog/2012/02/the-one-button-mystique.html

Written by yandod

2012/02/02 at 16:04

カテゴリー: Uncategorized

Tagged with , ,

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。