A-Listers

140字に収まらない海外テックネタヘッドライン

Posts Tagged ‘パフォーマンス

16の言語と57のフレームワークを比較したベンチマークが凄い

with one comment

bench

いつの時代もより高速に動作するフレームワークや言語に対する関心は高いものですが、そんな疑問に答えるWeb Framework Benchmarksの最新版が公開されています。こちらのベンチマークはテスト用のコードや環境がオープンソースになっており16の言語(C C# Clojure D Erlang Go Groovy Haskell Java JavaScript Lua Perl PHP Python Ruby Scala)と57のフレームワークについて最適な実装が集められてテストされているという点で一般性があります。また実行環境もEC2と実マシンの2種類をそれぞれ実行している点も興味深いです。

気になるテスト結果のうち特に複雑度の高いデータベースから複数件のデータを取得してHTMLページとして出力した場合の結果は下記のとおりです。

Round 4 results - TechEmpower Framework Benchmarks

堂々のトップに輝いているのはServletで最大で1秒間あたり7,344レスポンスの凄まじい結果を叩きだしています。また2位に入っているgeminiはこのベンチマークを実行しているTechEmpower社の社内フレームワークとの事です。PHP(秒間あたり最大2,262レスポンス)やRails(秒間あたり最大461レスポンス)などスクリプト言語が下位に甘んじていますが、1台のEC2インスタンスが稼ぐ性能としてはそれでも充分なような気がします。1秒間に7,344レスポンスということは1日あたり6億以上のレスポンスをたった1台のサーバで返すわけです。逆に秒間100レスポンスであっても1日あたり864万レスポンスですよね。

その他テスト結果を見ていると気がついた点をいくつか挙げておきます。その他の結果も膨大ですので是非元の記事も併せてご覧になってください。

  • gemini servlet go などは安定して上位入り
  • Symfony Cake Fuel Sinatraなどが下位集団に居る事が多い(それでも秒間200〜1000レスポンスを処理しています)
  • 只のphpは常にフレームワークよりも高速
  • RailsはSinatraよりも高速Railsの方がSinatraよりも高速な場合もある
  • Node.jsはServletに対して30%〜80%程度の性能

ベンチマークというと「〜〜はこんなに遅くない」的な意見が良く出がちですが、最下位であっても秒間数百レスポンスを処理しているので通常の利用では低速とは言えないでしょう。(もし気になる点があればGitHub上でテストコードにプルリクエストを送りましょう)

一方でフルスタック系のフレームワークや軽量フレームワークなどの速度が大きいケースや逆にrailsとsinatraの用に逆転しているケース、仮想環境と実マシンで結果に開きがあるケースなどがある点が興味深いのではないでしょうか。ご覧になった皆さんも気づいた点があれば是非ツイートやコメントでお寄せください。

via:http://www.techempower.com/benchmarks/#section=data-r4

Written by yandod

2013/05/06 at 19:37

Facebookが開発したPHPを超高速で実行する仮想マシン HipHop VM

with 3 comments

Speeding up PHP-based development with HipHop VM

FacebookがPHPをさらに高速に実行する技術について2012年11月に公開した記事が話題になっています。Facebookはサービスを高速に実行する為にPHPで書かれたスクリプトをC++に変換して実行する技術、HipHop(HPHPc)を開発して利用してきました。CPUの使用量を半分程度に抑えることができるこの技術は大きな注目を集めていました。

一方でHipHopはPHPのソースコードをコンパイルして実行するというステップが必要な事から開発から実行までの手順が増えてしまうという面もありました。この欠点を補うべく、実行時に変換を行なって実行するアプローチを模索していたのがHipHop VM(HHVM)です。この記事によると、このHHVMがついにHPHPcを上回るパフォーマンスを達成したとのことです。

sandboxと呼ばれる開発環境ではインタプリタとして実行可能なHipHop (HPHPi) が使われて来ましたがこれはオリジナルのPHPのZend Engineよりも実効性能が低かったようです。しかし動的コンパイルを採用したHHVMはこの問題を解消し開発環境でも利用されるようになったとのことです。実際にFacebookの開発者ブログもHHVMで実行されているWordPressで再スタートしたとの事で性能と利便性を両立しているようです。

ブログ記事では実際にWordPressを実行するまでの手順も紹介されており、PHPで極限の実効性能を達成したい人にとっては有益な情報と言えそうです。

参考:
Facebookが公開したPHP仮想マシン「HipHop VM」とは – builder

via:Speeding up PHP-based development with HipHop VM

Written by yandod

2013/01/16 at 10:44

カテゴリー: Uncategorized

Tagged with ,

zbugs.com – ワンクリックでサイトを圧縮して高速化

leave a comment »

http://www.zbugs.com/
「ワンクリック」でサイトを高速化するツールという見出しが気になったので見てみました。コンテンツが複雑化する事でデータの転送にかかる時間をファイルを圧縮する事で高速化するアプローチです。ためしにミスタードーナツの公式サイトのURLを入力してみたところ、67%ファイルサイズが小さくなりました。圧縮されたデータをダウンロードする事も可能です。自分のサイトにデータを圧縮する余地があるのかどうかを確認するツールとしても使えそうですね。

Written by yandod

2011/04/27 at 01:00

カテゴリー: Uncategorized

Tagged with

CSS3でサイトの読み込み時間を40%短縮

leave a comment »

CSS3を活用してどこまでサイトのパフォーマンスを向上させられるかのベンチマークがSmashing Magazineに掲載されていました。画像の数を減らし、ファイルサイズを小さくするようにチューニングする事で4.7秒掛かっていたページの読み込みが3.3秒で完了するようになったようです。

元ネタ

http://www.smashingmagazine.com/2011/04/21/css3-vs-css-a-speed-benchmark/

Written by yandod

2011/04/22 at 02:21

カテゴリー: Uncategorized

Tagged with ,

<span>%d</span>人のブロガーが「いいね」をつけました。